実はここの温泉を知ったのは美容効果目当てではなかったんです。

娘の持病の改善に「ここは隠れた名湯やで」と同時期に2人の友人からおすすめされたのがゆの里を知るきっかけでした。

末期ガンなどの難病の方があちこちから湯治に通う有名な温泉なんだとか。

友人が言うには、通常の温泉施設ではなく宿泊施設に併設している貸し切り風呂の方が効果が高いということだったので、まずは旦那さまと2人で「このの」の貸し切り風呂を予約。

意外とリーズナブルな「このの」の貸し切り風呂

1時間5千円で4人まで入湯可能ということなので、家族で来てもいいですよね。

貸し切り風呂のいいところは、ゆの里にはない「銅水」がブレンドされている点。そしてやっぱり広々とお風呂を占領できる点です♪

 

泳いでもよし、潜ってもよし、思いっきり温泉水を満喫できますもんね。

真新しい感じではありませんが、全面が全て窓になっているのでとっても明るい雰囲気。

まったり1時間、広々と金水・銀水・銅水を満喫してお風呂から上がってみると、旦那さまのおでこがぴかーーーーー!!っっと光っていたのにはものすごく驚きました。

ハゲてるって部分はとりあえず横に置いておいて(笑)なにせ彼は子供の頃からアトピーに悩まされ、ちょっとした刺激やストレスで体のあちこちの皮膚が裂けたりゴワゴワになったりしているんです。

それなのに、たった一時間のお風呂でしっとりした柔らかいお肌に変わっていたんですよね。光反射しちゃってるし。

まるで後光さしちゃってるし。

もちろん私も体中のお肌のキメがものすごく細かくなっていて、水分量がかなり増えているのが触っただけでわかりました。

顔ももっちりと白くなってる!

お風呂上がりには普段通り保湿をしてお化粧をしたんだけど、毎日の朝の仕上がりとはお化粧のノリや肌の質が歴然の差。

これにはホントに感動しました。

イタリア料理店「ラフォンテ」のランチ

お風呂上がりには隣に併設しているイタリア料理のお店に移動し、ランチをいただきました。

ゆの里では「ゆの里ファーム」という畑で完全無農薬で温泉水を使ってお野菜を作ってるんですね。

このイタリア料理店ではゆの里ファームのお野菜を使ったお料理を出してくれるということで、貸し切り風呂と2人分のランチがついて7000円という「バーニャカウダランチ」のコースにしました。

 

 

お店自体はこじんまりとしていますが、窓が広いので全体的にとても明るい雰囲気

壁にかかったお水のオブジェ(絵画?)がとっても素敵で、ついぼーっと眺めてしまいます。なんだか優しいオーラが出てますね~

お料理ですが、バーニャカウダやパスタ、ステーキなど何度かこちらでランチをいただいていますが、とにかくどれもお野菜の味が濃くてすっごく美味しい。もっと野菜を食べたいと思えるお店です。

 

 

そして温泉水を使用したというパンが、驚くほど柔らかくてふわっふわ。水分量が多くてものすごーく美味しい!!!

お隣の建物になっている「ゆの里」にはパン工房があって、ラフォンテで使用しているというパンも販売しているので行くたびにパンは買って帰っています。

おすすめはくるみとレーズン、クランベリーがゴロゴロはいった「ノアレザン」。

赤ワインと一緒に夕食にいただくととっても幸せ~な気分になれます♡

どれがどれか分かりませんね(笑)

 

週2でゆの里に通うリピーター夫婦に(笑)

そんなこんなで、今や旦那さまが一番ゆの里を気に入っていて2人で週に2度は通っています。(大阪から和歌山まで 笑)

毎回貸し切り風呂は経済的に負担が大きいので、ゆの里の温泉施設をメインで利用しますがこちらのいいところは水風呂があるところ。

温泉に入るのはだいたい1時間ほどですが、露天風呂やジェットバスなどをウロウロしながら合間に水風呂に入るとお肌のキメがものすごく細かくなるのを発見したんです♪

今では1時間のうち3~5回は水風呂に入るんだけど、お風呂上がりには顔や体の皮膚がぴかーっと光ってます。ほんと大げさじゃなく。

 

高い化粧水や美容液を使うより、一回900円のゆの里のお風呂に定期的に入るのが今いちばんのスキンケアになっています。

本当におすすめ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク