山咲千里さんのスキンケアに学ぶ

モデルさんや女優さんのエッセイ本が好きと前回書いたんですが、ほんとに色んなことが参考になっています。スキンケアに関しては、お肌にハリがないとかシワが目立ってきたとかシミが濃くなってきたとか気になる所はたくさんあるんですが、そのためについついお肌を過保護にしてしまいがち。

だけど、化粧水だとか美顔器だとか乳液やクリームや美白や美容液なんて塗り塗りコテコテしはじめたらキリがないですよね。お金もかかるし(笑)

もちろん歳相応にきちんとケアしてあげないとダメですが、山咲千里さんが必ず行っている月一回の「何もしないスキンケア」の概念はいつも忘れないように気をつけています。

簡単に言うと、基礎化粧品などで過剰に保護しすぎてお肌が本来持っている「蘇る力」を奪っていないか?を考えましょうってことです。

本当なら、お肌にはもっと潤いを取り戻す力があるはずなのに化粧品をつけることでその力すら衰えさせていないか? そう言われると、確かにその通りですよね。

すっぴんがもっとキレイになりたい!というのは世の女性の切なる願い。 素肌が持つ新陳代謝や保湿力をもっと上げられるためにできることを無理なく日常に取り入れていきたいと思うんです。

女性の体は月の満ち欠けにとても影響を受けやすいですよね。ホルモンや月経、気分の浮き沈みやお肌の調子なんかも月の満ち欠けのサイクルと連動していると言われています。

千里さんの場合は、月が見えない新月の日をお肌の休息日として考えているそうです。普段、化粧品漬けのお肌を休めるために一日何もつけないそうです。

朝の洗顔のあと何もつけないので、洗顔料をお肌への負担が少ないオリーブ石鹸にするそうです。

春夏は皮脂の量が多くなるのでもう少しだけ洗浄成分の強いものを使うとか。洗顔のあと何もつけないってけっこうな勇気がいりますよね(笑) でも洗顔後にお肌がカサカサするのは、普段化粧品で保湿をしてしまっているから素肌が内側から潤ってくる力を奪ってしまっているからだそうです。

そういわれるとドキっとしませんか(;´∀`)

「何もしないスキンケア」 ちょっと勇気がいりますが、しばらく続けてやってみると本当に「素肌力」が上がった気がします。

スポンサーリンク

コメントを残す