疲れはスキンケアの大敵!上手な疲労回復方法を知ろう

良質な睡眠はどんなに高価な化粧品よりも効果アリ!?の記事にも書きましたが、「疲労」と「睡眠不足」はお肌にとって一番悪影響を及ぼす大敵ですヽ(`Д´)ノ

どんなに食事やスキンケアに時間をかけたとしても、睡眠不足だったり疲れが残っているとあっという間に顔にはクマができ、目が落ち窪んだりお肌の質がぐっと下がってしまいます。

疲労回復にまずは睡眠!その次は・・・?

疲労回復にまずは睡眠!その次は・・・?

疲れたな~ と思ったら、まず一番に優先させたいのは睡眠

疲れを翌日に持ち越さないためにも健康と美容への影響をを考えてその日は良質な睡眠をたっぷりと取れるように工夫しましょう。

次に私が実践しているのは食べもの。その日の夕食には疲労回復に効果のある食べ物をなるべく取り入れるようにします。

実は私、ものすごーーく梅干しが好き(*^_^*)

よくスーパーで売っているはちみつ梅や化学調味料で食べやすく味付けしたものじゃなくて、昔ながらの製法で梅と塩とシソで漬けたシンプルなすっぱーーい梅が大好物♪

化学調味料を使っていないシンプルな梅干しって意外と探すのが大変なので、だいたいはアマゾンで注文しています。

そんなわけで、我が家の冷蔵庫には常に良質な梅干しが鎮座していますので、今日は疲れたな~と思ったら、梅干しを一つぱくんといっちゃいます。これだけでクエン酸が摂取できますので疲労回復に効果的。

クエン酸を含む食べのもは他にも柑橘類やパイナップル、キウイ、トマト、お酢などがありますので梅干しが苦手な方はこれらのものを摂取するといいですよね。

疲れに効いて美容効果もばっちり!な優秀な食材

疲れに効いて美容効果もばっちり!な優秀な食材

また、ビタミンB1も疲れに効きます。豚肉、鶏肉、かつお節、大豆、いんげん豆などに豊富ですのでタンパク質にはこれらをチョイスして、付け合せにトマトやレモンを添えると疲労回復にはばっちり♪

トマトは抗酸化作用が高いリコピンが豊富ですので、体内の活性酸素を取り除いてくれたり美白効果、ダイエット効果もあるんですよー。夏の食べ物なので基本的には体を冷やす役目をしていますので食べ過ぎは禁物ですが、上手に食事に取り入れたいですね。

トマトの他にはスイカ、ピンクグレープフルーツ、柿などがリコピンを多く含んでいます。

最も美容効果を高める食べ方とは?

最も美容効果を高める食べ方とは?

毎日食べるものが私達の体や皮膚を作ってくれています。

なんとなく食べるのではなく、このお肉はビタミンB1を含んでるから疲れを取ってくれるんだな~ このトマトのリコピンがお肌を再生させて白くしてくれるんだな~ なんて効果効能を意識して感謝の想いを持って食べていると、食材が持つパワーはより効果的に体に影響してくるものだと思います。

すべての食材の栄養素とその効能を覚えるのは大変ですが、普段よく食べるものだけでもその効果効能を頭に入れておくと、毎日の食事が無意識から意識的に変わってくるのでおすすめ(*^_^*)

子供と食卓を囲む時には、「このトマトの赤い色はリコピンって言ってね・・・」とか「このお味噌汁の味噌ってね・・・」なんて話で食育もできますので一石二鳥です♪

 

スポンサーリンク

コメントを残す